野菜ジュースと青汁を比べて足りない部分とは

青汁は、不足しがちな野菜を簡単に摂取することができる物でありますが、野菜不足ならば野菜ジュースでも十分なんじゃないか、そんな風に思う人もいるでしょう。
確かに、青汁と野菜ジュースはどちらも基本的には野菜不足を補うための物ではあるのですが、野菜ジュースではどうしても足りない部分という物があるんですね。
今回は、野菜ジュースをメインに比較して青汁のほうがいい理由を紹介しましょう。

野菜ジュースのメリットとは

まず、最初に野菜ジュースをメインとして青汁と比較するとメリットになるのは手軽さ、飲みやすさといったところですね。
野菜ジュースは、当たり前ですが中は野菜だけで構築されているわけではありません。
あくまで、野菜ジュースはジュースの一環ですので飲みやすさという物を強く重視しているんです。
だから、砂糖や果汁なども含まれており甘くて飲みやすいし、おいしいということがベースとして挙げることができます。
そして、野菜ジュースはペットボトルやパックなどで完成した状態で飲み物として売られているので、飲みたいときにすぐに飲むことができるという利点があります。
さらに、野菜ジュースはドラッグストアだけではなくスーパーやコンビニでも取り扱っていますので、非常に簡単に手に入れることができる、という利点があるんですね。
さらに、野菜ジュースには緑黄色野菜の黄野菜や紫野菜など、青汁には入っていない成分も入っていますのでマルチな栄養素を補給することができるんです。

野菜ジュースでは足りない部分

しかし、野菜ジュースはあくまでもふるさと青汁 通販であって健康食品としては青汁には及びません。
まず、ジュースとして加工するために加熱処理が加えられているのでどうしても野菜そのものの栄養素が死滅したり減少したりしている部分がどうしても出てきます。
さらに、味の調整のために入っている糖質やカロリーなどが結構高めなので、青汁ほどたくさんの量を飲めないし、太ってしまう可能性もあります。
ほかにも、食品添加物や合成甘味料なども加えられているため多量に飲むと糖分をとりすぎてしまうというデメリットが挙げられます。

まとめ

野菜ジュースは、あくまで青汁のような野菜不足によっておこる栄養素の補給を完璧に行える物ではありません。
あくまで、日常的にある程度の野菜をとりつつちょっと足りない分を補浮くらいしかできないんですね。
青汁のようにそれだけで必要な栄養素が取れないという点が特徴です。