健康を害すことも / 未分類 / 自家製青汁 / 青汁を飲みたくなる話

青汁の工夫と飲み方について

青汁は、日本でも代表的かつ伝統的な健康食品ではありますがいつでも一定の効果があるというわけではないんですね。
それは、時間帯によって効果が下がるという意味でもはなくある一定のタイミングや時間帯に合わせて飲んだり飲み方を工夫したりすることで、青汁の効果をより高くすることができるんです。

青汁の工夫した飲み方

青汁は、飲み方も沢山の種類があるのですが青汁に含まれている栄養素というものは、本来緑野菜に含まれるものですので野菜などと同じように飲み方によって吸収効率を高めることができるのです。
例えばですが、青汁に蜂蜜を加えることでビタミンやミネラルなどを補って摂取することができますし、何より青汁の最も大きなデメリットである飲みにくさというものをある程度改善してくれるんですね。
他にも、レモン汁を加えると同じようにビタミンCが青汁のミネラル吸収の効率を上昇させてくれるんですね。
こちらもようはグリーンスムージーのような飲み方をするというところに近いものがあります。

避けるべき飲み方

ただ、逆にこういう飲み方は避けたほうがいいというものもあります。
それは、生のニンジンに何かを加えて青汁を飲むというやり方ですね。
なぜかというと、青汁というのはニンジンにはアスコルビナーゼという名前の酵素が含まれているのですが、これは実は青汁のビタミンCを壊してしまうんですね。
なので、生のニンジンは実は青汁には入れて飲まないほうがいいのです。

飲むタイミングや時間帯

これに関しては、目的によって変わってくるというとわかりやすいですね。
例えば、ダイエット目的で青汁を飲んでいるのであれば、朝昼晩の食事の前がいいですね。
青汁を飲むことで多少おなかが膨れるので、食事をあまり食べすぎないようにすることができる、ということを期待することができるのです。
逆に便秘や美容のためには栄養の吸収が捗る就寝前や起床後などがいいですね。
こうすることで、起床した朝一番で便意を促してくれますので、便通がとても良くなるという効率アップを期待することができるんです。

まとめ

青汁は、それ一つでいろんな健康にいいものではあるのですがその中でも自分がどんな健康を目的に飲むのかということを鑑みたうえで一番適切なタイミングや工夫をこらすことによって、青汁の効果をより高めることができるのです。
なので、青汁を飲む際にはどうなりたいかを明確に決めておくことが大事なんですね。

関連記事