健康を害すことも / 未分類 / 自家製青汁 / 青汁を飲みたくなる話

青汁を飲んではいけない人もいる

現代の社会生活や、食生活を振り返るとビタミンやミネラルが不足しがちだと言います。
特に、外食が多くなったりコンビニやスーパーの弁当などで食事を済ませるという忙しい人が増えてきている今、ビタミン不足やミネラル不足はかなり深刻な問題になっています。
だからこそ、今野菜を食事外で手軽に摂取し、そういった不足しがちな今だからこそ青汁やグリーンスムージーといった野菜を手軽に摂取できるものが人気になっています。
しかし、この青汁というのは実は誰でも健康になれるものではないんですね。

青汁を飲んではいけない人もいる

青汁というのは、そもそも医薬品ではありません。
野菜のしぼり汁であり、野菜のエキスのようなものなので飲むことによって副作用が起こるというようなことはありません。
ただ、体の機能などの問題でその栄養素を上手に分解することができない人がいたり、過剰摂取をするとかえって健康を害する場合などもありますので、青汁というのは万能薬でもないということですね。

腎臓機能の低下に注意

腎臓は、健康な状態だとカリウム、ビタミンAなどをとりすぎてしまった場合でも、尿として余分な分を排出してくれる機能があるんです。
しかし、腎臓機能が弱まっているとその余分な分を排出する機能も弱まってしまい、体の中に余分な吸収しきれない栄養素がたまってしまうんですね。
特に、カリウムというのは栄養素でもありながらたまりすぎてしまうと高カリウム血症やカリウム中毒を引き起こしてしまい場合があります。
青汁には、カリウムも豊富に含まれていますので、腎臓の機能で治療を受けている人などは青汁を飲むのはやめたほうがいいですね。

透析治療中の人もNG

そして、腎臓の機能障害などで人工透析を受けている人もやはり青汁を飲むのは危険です。
腎臓とは、先ほども言った通りカリウムやビタミンAを余分な分を排出するという機能があるのですが、透析中の人も同様に腎臓の機能が低下していますので、余分な栄養素の排出機能も低下している場合があります。
なので、青汁を飲むのは控えたほうがいいでしょうね。

まとめ

青汁が健康的だというのはあくまでもその栄養素をしっかりと吸収し、余分なものを外に排出することができるという能力があってこそです。
特に治療中なんかだとどうしてもそういった機能が低下してしまったりして青汁のような健康アイテムが逆に健康を害することにつながってしまう場合もありますので要注意です。

関連記事