健康を害すことも / 未分類 / 自家製青汁 / 青汁を飲みたくなる話

自家製青汁を作ってみよう

高い健康効果を持っている青汁ですが、毎回通販やドラッグストアなどで購入するのは大変だし、お金もかかるから面倒だと思う人もいるでしょう。
そこで、注目を受けている物と言えば自家製の青汁ですね。
家で作ることができるのか、という点ですが実は自家製で青汁を作ることはできるんです。
自家製で青汁を作るとどうなるか、どんなものなのかを紹介しましょう。

ケールと明日葉の自家製青汁

青汁、と一口にいっても主成分や主原料は実はメーカーによっても少し違ったりするんですね。
なので、自家製で青汁を作る際にも何を主原料にするかというところをまず決めるところから始まります。
とは言え、基本的には市販の青汁などによく使われている野菜がいいですね。
おもに、ケールや明日葉と言ったあまり食用として使わないようなものが好ましいですね。
ほかにも、小松菜やモロヘイヤなどの野菜も栄養価が高くて青汁にするのには工夫を健康的にもうってつけです。
これらは、全部スーパーでも普通に取り扱われているものなので手に入れるのは簡単です。

好きなもので味を調整して

さらに、自家製青汁を作る際にはメリットがあってそれは材料を自分で決めることができる、ということです。
例えばですが、ケールや明日葉、小松菜、モロヘイヤと言った青汁の原料になるような野菜は味が結構独特の味がしますからね。
青臭い味が苦手だという人なんかは例えば好きなフルーツなどを混ぜて入れることによって、味を調節して、青汁のクセのある臭みを消すことができるんですね。
レモン汁などで味をさわやかにしつつ、抗酸化作用を強めたり、ビタミンEを摂取したいというときはモロヘイヤ、大根などを入れるなどして味付けは勿論栄養素なども調節することができます。

飲みやすいようにする

そして、野菜は勿論なのですが水などもミキサーにたっぷりと入れることによって水分を増やし、飲みやすくするなどすることで飲み口をソフトにすることもできます。
栄養素を補給することも勿論なのですが、継続して使い続けるために飲みやすくするというような工夫をするといいでしょう。

まとめ

自家製青汁は、何を入れて作るのかということを自分で決めることができるというのが肝ですね。
効率よく栄養を補給することができる上に、青汁が本来は苦手だという人でも簡単に飲み続けることができるように味を調整したりするのも自分で自由に変えることができる、というところがポイントです。

関連記事